インドネシアのファッションについて

61-10

バティックを着用の際にはネクタイ、ジャケットは着用せずともフォーマルとみなされています。特段ホテルスタッフの制服としてや、公職関係にも多くみられます。

男性は職場にもよりますが、事務所にお勤めの方は基礎的にスーツを着用しているのです。政府高官等との面談の際にはネクタイとジャケットを着用のため、職場に1着は常備しておきました方が無難でしょう。

ただしノーネクタイ、ノージャケット、半袖シャツという日本のクールビズがまったくです。ビジョンとしましては沖縄のかりゆしが近かもしれません。

営業職でもノーネクタイ、ノージャケットで顧客を訪問する日本人も少なくはないが、私の経験上日系企業に営業する際には、ジャケットとネクタイをしてると受付の人も話を通してくれやすいですし、日本人らしさが出ると思う。またインドネシアの正装であるバティックを着る方もいます。

バティックとはろうけつ染めの伝統的なシャツで、黒のスラックスに革靴というか一般的です。また以前は女性のパンツスーツは好まれないでしたそうなんですけど、今ではあまり関係がないように思われている。

襟付きのブラウスか丸首のインナー等の上に、ジャケットやカーディガンを羽織ってることが多く、国柄として女性の肌の露出はあまり好まれない傾向があるのです。大まかな判断基準としては肘まで隠れることを意識させられると好いでしょう。

女性の場合はオフィスカジュアルであるそしたら問題なしと捉えられてる企業がおおおよそです。靴は少々ヒールのあるパンプス等を履いてる方がほとんどです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る