平服とは何?

61-04

「平服」はご覧の通り、「へいふく」と読みます。普段の日常生活ではまったく見なすことない単語そのためね。

平服が出てくるのは、「結婚式」や「結婚式の二次会」だけでしたのではないです。空前目にする時には、平服の「平」の漢字が、「平社員」の「ヒラ」や「平民」の「ヘイ」というビジョンから、敷居が思いっきり下がったように見えますので、「あ、じゃあ礼服(正礼装、準礼装)ではないため、いつものカジュアルな普段着で行ってもいいってことね!」と見間違いする人もたまにいますが、普段の格好で出かけると大恥をかくことになってくるので注意が必要です。

「結婚式」や「結婚式の二次会」の案内文にドレスコードとして「平服でお越しください」と書いてるケースが多くなったので、今までに招待状を手にした経験があるのであるそしたら一度は目にやったこともあるのでしょう。平服とは、どんな服装かというと、かしこまったタキシード(男性)やイブニングドレス、カクテルドレス(女性)など「礼服(正礼装、準礼装)」ではない、「略した礼装=略礼服(りゃくれいふく)」のことを指します。

「略した礼装(略礼服)」は、礼服ではないけれども、いつもの日常生活で着ているカジュアルな普段着という意味合いではありません。招待状や案内文の文例テンプレートに頻出する文章です。

この他にも「法事」や「葬儀」など、要するに冠婚葬祭時に、そうして近頃は「アルバイトや就職などの面接」、「入園式」「同窓会」などの案内文にも書かれていることがあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る